horizumi01.jpghorizumi02.jpghorizumi03.jpghorizumi04.jpghorizumi05.jpg

 

新しいクリスタルアートのスカーフの世界

最近のかわら版では長女の運営する『クリスタルアート』の案内もさせていただくようになりました。

というのも今までのアクセサリーに加えて、新たにスカーフを販売させていただくことになったのです。

10月19日から一週間、新宿小田急百貨店で催事販売させていただきました。

もとより絵を描くのが大好きな娘でした。

スカーフという新たなフッション雑貨のアイテムとの出会いは、おもっいきりキャンパスに絵を描く感覚で

新たな『クリスタルアート』の世界の拡がりにつながると前をみています。

さらにアクセサリーとの融合も次なるテーマで、みなさんに提案できるよう奮闘中です。

紙上公開、かわら版からの抜粋ですがご覧くださいね。

 

陶芸教室てびねり会の懇親会も二回目に

みなさん、秋も深まってきましたね。

変わりやすいお天気の今年ですが、天高い青空を仰ぎ見れるときの気持ちよさは秋ならではで格別ですね!!

かわら版でご案内している益子焼海炎窯の外松信彦先生の陶芸教室に参加の生徒さんの集まりを

手びねり会と称しています。

去年に続いて二回目となる、年に一度の手びねり会懇親会を三ノ輪で開催しました。

去年よりも人数が増えての開催でした。

今年入ったばかりの生徒さんも、いまから2年前の一番最初のみ参加の生徒さんの参加もあり、

もちろん常連の生徒さんたちも

それはにぎやかな、そして和やかなひとときでした。

先生のお人柄でしょう◎集まった皆さんのお顔のいいこと(^◇^)

先生を囲んでの全員写真でーす。

改めてこの写真をみて思います。

まだぎゃらり~の運営に暗中模索の中、毎月教室として借りてくださる外松先生との出会いのご縁に

どれだけエールをいただけたかわかりません。

お一人ずつの参加の輪が二年目を通過して、このように大きく広がって笑顔の輪ができたことに

感無量です。

これからこそ!!の思いにさせていただきました。

単発の教室参加も大歓迎です。先生が丁寧にご指導していただけますから

どうぞ陶芸が初めてという方もトライしてみてください(^◇^)

思わぬ世界が待っていますよーっ(^.^)/~~~

 

おかげさま

お彼岸も終わりをお迎えた9月25日の日曜日、アニモでは初の企画のお食事会が開催されました。

なんと、本来は飲むための糀ドリンクを使ったお料理の提案でした。

その時のかわら版です。

右上の「驚きの懐石メニュー」をご覧いただきましたか?

私はこのかわら版が出来上がったときの嬉しさを改めて思い出しています。そして

いま無事この初企画が遠藤あつこさんのご尽力で終了でき、ご参加の皆さんに糀の良さ・食生活の大切さを改めてお知らせすることができたことに安堵と喜びでいっぱいです。

考えてみると『糀ドリンクを使ってのお料理』を作っていただける流れになれたこと、、、

それはひとえに、遠藤あつこさんとの出会いで実現できえたことでした。

みなさん、出会いのご縁って本当に不思議ですよね。

そのあつこさんは食に関してそれは幅広いご経験をお持ちの方で、それが根っことなってのキヤパシティの広さは圧巻です。だからこそできたことなんです。

当日の写真公開です。ご覧ください!!

まずは糀ドリンクの試飲からです。

お献立表はあつこさんのお友達の書家の方が書いてくださったものです。これでまた雰囲気がぐっと(^◇^)

私の写真の撮り方や腕前もなんとかしないといれませんね。申訳ありません。

でもメニューの多さと彩りは伝わることと思います。

そしてひとつひとつ丁寧に作られていることが、お話しの中から、そして食したときの触感と味わいから

よくわかりました。

ご自宅で朝摘みされた小松菜の利用、キヌアというスーパーフードとの併用、それは細かく切られた多くの種類の野菜の数々、角煮のしみこむまでの手間、そのうえドリンクを使用してのいつもと違う仕上がりに何度となく試作されたこと、、、

ご参加いただいた皆さんが一つずつをかみしめながら美味しく味わえたのも、それらのおかげさまだと

感じ入りました。

毎度おなじみのイラストレター瀬谷さんの江戸百景遊び図のタペストリーに囲まれて、江戸の雰囲気です。

お彼岸も終わりアニモはすっかり秋のしつらえです。

糀ドリンクをお猪口一杯ずつ飲む習慣作りも同時におすすめしました。当日お買い上げもいただきありがとうございました。

毎日飲んでますよ!とうれしいご報告もいただきました。

これからもぎゃらり~アニモでは、江戸の雰囲気の中でおいしいもの、身体にいいもの、楽しいことを

出会いのご縁のつながりに感謝しながら皆さんに伝えていきたいと希望しています(^.^)/~~~

ご無沙汰のダイアリーに(´・ω・`)

もうすぐ15日、お月見の時期になります。

9月もなかば、ということは今年もそろそろ|д゚)

なんとまぁ月日の経つのは早いものですねぇ。

すっかりご無沙汰してしまいました。いままでもイベントはそれなりにおかげさまで重ねられてきたのですが

いろいろなことが重なり、ただの怠慢を弁解している私です。

でも確かにひとつ、父が入院した時期がありました。心筋梗塞で救急車で早朝運ばれました。

91歳です。過去に二度経験あり、60歳の時と70歳の時でした。

三度目の今回はなんと三か所も詰まっていたのです。

でも人間ってすごいなぁと思うのは、詰まった太い血管を細い毛細血管がフォローして血液を流しとおしてくれていたのです。このことは70歳の時も言われましたが、、、

久しぶりのブログ復活開始は

その心筋梗塞から奇跡の復活を果たし、翌週は浅草公会堂でのカラオケ大会に参加した父、会長の姿です。

 

 

夏越しの祓、、、はや半年が経ちました

いま地元の神社では、夏越しの祓の茅の輪くぐりが行われています。

お祭りのあとの大祓です。

はや半年が経ちました。

 

ははの分 もひとつくぐる 茅の輪かな

形代に さらばさらばと する子かな

 

昔から伝わる神事がいまもこうして執り行われていることに日本のすごさを思います。

 

五月から六月にかけて、ぎゃらり~animoでは新たなイベントがありました。

振り返ってどれも無事に終えられたことに安堵の思いの半年の節目です。

どれも来てくださるお客様があってのことですから、なによりそのことに感謝でいっぱいです。

ありがとうございます。

振り返って、、、

五月末には、毎月陶芸教室を開催してくださる外松先生の3年ぶりのご夫婦の陶芸展がありました。

自由でのびやかな遊び心ある作品の数々は、まさに益子焼海炎窯・外松ワールドでした。

お見えくださるお客様も温かく外松先生のお人柄を再認識できる3日間でした。

紙上公開、ご覧ください(^◇^)

最後の上記の写真は

『カイエンガマノキ』マシコ科・・・

色とりどりにまさに花開いている、外松先生の今を象徴した遊び心あるディスプレイでした。

 

 

 

いよいよ始まります。

何が始まるかって?

はい!! 上記ご覧のとおり、

毎月陶芸教室開催のご案内でお馴染みの 益子焼 海炎窯の外松信彦先生の3年ぶりの個展が

ぎゃらり~animoで いよいよ5月27日から三日間 金土日で開催されます。

酒器あり、お皿あり、そして鉢ありと アニモは陶芸の世界一色になります。

外松先生の毎月の教室風景もご覧ください。

笑顔のお顔から先生のお人柄も伝わることと思います。

身近に 先生と作品を前にお話しできる機会でもあります。

当ホームページのアクセス欄に 地図の案内があります。

わかりにくいことは何なりと 私堀田澄子 携帯090-1607-1068までおたずねくださいね。

皆さまのお出かけを心からお待ち申し上げております。

天王様のこんなこと・・・4月8日は素戔雄神社の創建の日

4月の第一週あたり、地元素戔雄神社は紅白の桃が咲きそろいます。

そして8日は創建の日で『疫神祭』で朝夕の神事が斎行されます。

ちょうど桃の木を燃やして境内はいい香りが漂っていました。

桃は邪気を祓う霊木としてしられ、古事記にはイザナギノミコトが死者の国から脱出するとき、桃の実を3個なげて

撃退して難をのがれたと書かれているそうです。

漢詩にでてくる理想郷も“桃源郷”です。

そしてこの8日まではお雛様も飾られています。

桃の花をうかべたお酒をいただきました。不老長寿の効があるとか。

伊勢神宮でお札をいただいて以来わが家に神棚ができ、おついたちと15日は神社にお参りするようになりました。

九州で大きな地震が起きてしまいました。なにもできませんが祈ることは続けられます。

いきとしいけるものが しあわせでありますように。

Joomla templates by a4joomla