horizumi01.jpghorizumi02.jpghorizumi03.jpghorizumi04.jpghorizumi05.jpg

 

珍しい端午の節句の吊るし飾り

 

今年のゴールデンウィークはお天気に恵まれて気持ち良い日ですね。

 風薫る新緑の皐月は一年で一番いい時期です。そしてなんといっても花々が次から次へと咲いて、新緑の緑が日一日と深まっていきます。その自然のエネルギーを今深呼吸していっぱいいっぱいいただくことにしましょう。

 さてぎゃらり~アニモはいま、端午の節句の吊るし飾りです。

 この貴重なつるし飾りを創られたのは、私の学生時代の親友のお母様の小野弥生様です。三月の吊るし雛飾りに続いて、端午の節句の飾りもあるとお聞きして、今年は甘えて続けてお借りしました。

 おなじみ瀬谷さんの江戸百景遊び図とよく合うのです。

 昔の着物などの古布ちりめんで、ひとつひとつが大きくそれは精巧な仕上がりです。縮緬のもつ布の質感の上品さ、手作りならではの繊細さ、それらが針仕事を通してぬくもりとなって伝わってきます。

 吹き流しの鯉のぼりをはじめ、太鼓に鎧兜、桃太郎とお供の一団など多彩です。小野様はこれらをお仲間と方々と

ご自宅で数年かけて習われながら作られたそうです。

 こちらはおめでたい鶴と亀ですよ。

 精巧な作りなこと、おわかりいただけると。

 ひとつだけでもほしくなってしまいますね。

 昨日五月五日のことです。見知らぬご婦人のお友達同士がお二人、訪ねてこられました。

 吊るし飾りがあると聞いて、見に来たというのです。嬉しかったですね。

 初めて見るお二人でしたが、これまた偶然にもご縁のある方々でまたまたびっくりでした。お二人とも、ちりめん細工を習われていたとか。その精巧さに感嘆の声を上げていました。

 こんな作品もあります。

 上段は鯉と遊ぶ子供たち、下段はピエロです。

 これらの愛おしい作品が、ぎゃらりーに飾れますと、当然ながら雰囲気もまた格別です。有難いことです。

 さて今月はかわら版もようやく二けたの10号に達し、見開きで皆さんに届けることができました。

 そして五月は2つのイベントを開催します。その5月いっぱいは上記の端午の節句の吊るし飾りが皆さんをお待ちしています。どうぞこの機会に、ぎゃらり~アニモに遊びにいらっしゃいませんか。

 もう一枚は、藍染のタオルでできた鯉が泳いでいます。

 皆さんに新緑を吹き抜ける薫風が届きますように(@^^)/~~~

 

 

 

芝で生まれて。。。

私の小学校時代の同級生、笹木美きえさんは、三味線と端唄の師匠です。

去年の三味線の体験に続き、今年は端唄の一日体験教室開催となりました。

初心者向けの端唄 『 芝で生まれて 』 を習いました。

歌詞は、、、

芝で 生まれて 神田で 育ち 今じゃ 火消しの アノ 纏持ち

纏 ひと振り ばれんは 躍る 張りと 意気地の アノ 勇み肌

いくら 咲いても お江戸の 花は 火事と 喧嘩で アノ 身はならぬ

義理にゃ 強いが 情けに 弱い それが 江戸っ子 アノ 泣きどころ

芝で 生まれて そのまま 育ち 今じゃ やっぱり アノ 芝にいる

と こんな感じです。

粋でいなせな感じが伝わってきます。

とはいっても唄うのは、そう簡単ではありません。

でもある意味、普段は馴染みのない江戸端唄の世界をほんの少し覗いて味わって楽しんでいただけたのでは

ないでしょうか。

お着物をきてご参加いただいた方々もいて華やかな雰囲気となりました。

父も参加したんですよ。

三味線の音といのも、またいいものです。何より、師匠の声がいい◎

ひぐらしで生まれて 千住育ちの自称江戸っ子の私も、いつか父の都都逸を私の三味線で弾くこと目標に

同級生の師匠に習っています。

さてさてどうなりますことやら(@^^)/~~~

 

 

 

春色小鉢も三者三様

 

ぎゃらり~アニモでは、奇数月に益子から外松先生が見えての陶芸教室が開催されています。

毎回テーマがあって創るものは違うのですが、教室の度に前回の作品を焼き上げて持ってきてくださいます。

1月に作った私と娘二人の小鉢です。きれいな春色に染まってきてくれました。

左の器の模様のようにみえるのは、焼く時の器の置かれる場所によって火が創る、火前・ひまえという業だそうです。

 

早速イチゴをいれてみました。鮮やか(*^_^*)

お豆腐和えを盛ってみました。優しい色合いで美味しさ倍増(@^^)/~~~

 

とにかく日常に使えるように形にしていただけるのが、嬉しくもありありがたいことです。

娘たちは仕事柄手先は器用な方ですが、私は特に手先は不器用ですから

難儀していますが、不思議といやじゃないんですね。むしろ心地いい葛藤の中で作陶してる感があります。

前回からの作品も含めて我が家の食卓もなかなか趣ある風情が醸し出されてきています。

五月はお皿を創るとか。

まだ基本編ですから、ご興味ある方はご参加くださいね。

春色小鉢の出来上がりに合わせてるように当社の小さな花壇も春が訪れてくれました。

雛飾り・春の装い一色

弥生月のぎゃらりーanimoの春の装いは格別です。

なぜかといいますと、、、

古布ちりめんの手づくり吊るし雛が飾られているからです。

ご覧ください。

これらは私の学生時代の親友のお母様、逗子にご在住の小野弥生様の作品です。

弓岡勝美先生に長い間習われていました。今回特別にお借りすることができました。

古布のもつ上品な絹の質感や色合い、細やかなそして愛らしいお細工物の数々、それは見事なものです。

女の子が生まれた時に、お人形やお花、野菜果物などを無病息災そして良縁を祈って飾られたものだそうです。

こちらの作品もご覧ください。

犬張子の起源は平安時代の狛犬まで遡るようですが、安産、成長祈願の縁起物として受け継がれてきました。

犬ばこも子供の健康を祈るお守りで犬張子の源流とされています。

愛しい子供の無事な成長を祈る風習はこうやってはるか平安の昔から今に至るまで繋がれてきていることに驚きを感じざるをえません。

我が家の雛飾りも仲間に入れてもらいました。

さてこのお雛様たちが見守る中、弥生月のイベント、陶芸教室と江戸端唄教室が開催されます。

参加される方を募集中しています。

ぜひぜひこの機会に、ぎゃらり~animoに遊びにいらしてみてくださいね。

 

 

如月2日間限りのひぐらし亭も春の装いで

ぎゃらり~animoは、荒川区の江戸野菜・三河島菜を使った創作家庭料理を、2日間限りのひぐらし亭としてご提供しました。昨年の秋は、ひぐらし茶屋としておはぎとお茶だけをふるまいましたが、今回は初の本格的お食事処です。ですから茶屋でなく亭なのです。ハイ。

まずはその三河島菜を使った盛りだくさんのお料理のワンプレートをご覧ください。

三河島菜は、小松菜を3倍位にした大きさで葉もやわらかく、茎もシャキシャキしるので、いろいろなアレンジができます。さてこのお料理を創っていただいたのは、、、

秋田ご出身で、いま現在は板橋で『ままや』を商われている三浦ふみさんです。

とにかく野菜中心のお料理を創るのが好きで、創作するのが好きで、お野菜切るのが好きとおっしゃいます。

更に今回はこのプレートに酵素玄米もありました。この玄米も塩糀づけした三河島菜でくるんでお出ししました。

玄米なのにあまりの柔らかさと美味しさに、皆さん三河島菜同様驚かれていました。

最後におまけで当初のメニューになかった玄米おはぎもお出ししました。もちろんこの餡子も三浦さんのお手製でした。

二日間限りでそれぞれ2部制の4回のひぐらし亭でした。お陰様で43名様のご来店をいただき厚く感謝申し上げます。

ぎゃらり~animoの初企画のひぐらし亭でしたが、今後も三浦さんにきていただいて、また酵素玄米の炊き方なども皆さんにみていただきながら続けていきたいと思っています。

どうぞ皆様、ひぐらし亭を今後もご贔屓くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

そしてもうひとつ大きなニュースは、、、

ひと足はやく春の装いで、ぎゃらり~animoが飾られていることです。

この見事な吊るし雛は、私の学生時代の親友のお母様、小野弥生様の手づくりです。

古布ちりめんを使っていますので、ひとつひとつが上品で格式がありそして豪華なのです。

特別にお借りすることができました。3月一杯展示しています。

 弥生次回のぎゃらり~animoのイベントにご参加いただき、ぜひこの機会にこの吊るし雛もご覧くださいね。

春の足音が近づいていますね。

梅は咲いたか、さくらはまだかいな。。。

季節の変わり目です。どうぞ皆さん、お身体気をつけられてお過ごしくださいね。

 

 

荒川の江戸野菜を使っての食事処に

 みなさん、三河島菜ってご存知ですか?

 荒川区が誇る江戸野菜です。小松菜の倍くらいある大きさで、葉もやわらかく茎もしやきしゃきしてます。

 荒川区は毎年収穫のこの時期に限り、区内の協力飲食店とこの三河島菜を使った創作料理を募集しています。

 今年ぎゃらりーanimoは荒川区のこの企画に参加して、2月14日と15日の土日2日間のみ、この三河島菜を使った創作家庭料理を皆さんにご賞味いただくことになりました。

 メニューはご覧のとおりです。

 三河島菜の葉包み酵素玄米・三河島菜の信田巻・三河島菜とひじきの五目煮・焼売の三河島菜葉包み

 そして

 三河島菜漬物・三河島菜入り粕汁・自家製甘酒 です。

 

 7品揃った盛り沢山メニューで美味しそうでしょ(@^^)/~~~

 

 実は、板橋区役所そばで長年家庭料理のまかない処 『 ままや 』を商いされてきた三浦ふみさんが、特別に

この2日間 来て創っていただけることになりました。

 

 そして特徴のもうひとつは酵素玄米です。

 

 去年の秋も 『ひぐらし茶屋』 として酵素玄米を使った3種類のおはぎを提供させていただきましたが、

 今回は『ひぐらし亭』 にて三河島菜で酵素玄米を葉包みしてお出しします。

 

 玄米を本当にやわらかく美味しく炊けて長持ちさせることができるのです。炊き方に秘訣があります。

 

 たったいま団体様ご予約いただいて(@^^)/~~~

 14日の土曜日の午後1時からのお席のみ、まだ募集しています。

 どうぞこの機会に、まぼろしの江戸野菜・三河島菜をご賞味くださいませ。

 

 えっ(';') なんで『ひぐらし亭』かって?

 

 ひぐらしの里の日暮里生まれの、千住育ちってことよ(@_@;)

 

 下記のパンフレットは荒川区観光振興課が配布しています。当社は③です。

 

こいつぁー春から(@^^)/~~~

お伊勢参りに行ってきました。

8年ぶり二回目です。

一昨年式年遷宮がありましたね。内宮と外宮が20年に一度社殿が新しく建て直されるのです。

皆さんは別宮というのをご存知ですか。なんと125社あるのです。

それらは内宮と外宮の遷宮のあと、昨年一年かけてこの別宮もすべて新しくなるのです(@_@;)

文化の伝承と国の弥栄を願う意味があるのです。

改めて日本という国の凄さを実感しました。

別宮の中でもビックスリーといっても過言でない、由緒あるお宮もお参りできました。

伊雑宮、瀧原宮、そして倭姫宮です。

真新しい別宮の脇には撤去中の古くなったお宮もまだありました。新旧同時にみれるのもこの時期だからこそです。

還暦の大きな節目を前にあえてこの時期、この場所を選んでの一泊旅行でした。

来れてよかった。来させていただけた。何よりお参りできたことが有難くありがたく感謝でした。

そして今回特に私は、猿田彦神社に行きたかったのですが、行ってみてびっくり(';')でした。

こちらは、みちひらきの神様でした。

ものごとの最初に現れ、万事良い方向へ、〈おみちびき〉になる大神です。

還暦というのは、生まれた年にもどるという意味があるそうです。12年ではなく本来は60年かけて

産まれた年にもどるのだそうです。

60年経ての新たなスタートラインにたっている思いが強くあった私にとって、このみちひらきの神様に出会えたこと

とても嬉しかったです。

『はじめの一歩』お守り、今回一番気に入てる自分土産です(^'^)

そして外宮で出会えた白さぎと銀色の鯉が森の中で一枚の絵のようでした。

そしておかげ横丁の街のたたずまい。

江戸時代にもどってお参りした人々のありがたさも偲ばれました。

そしてこのおかげ横丁の中程で、立ち飲みという昔ながらの佇まいを残しながら

伊勢神宮御料酒ゆかりのお酒をいただきました。

その御料酒、全国有数の酒蔵の中から唯一奉献の栄を賜ったのが、灘の酒『白鷹』です。

神様のお食事は、一日朝夕の二度。ご鎮座以来千五百年余のどの日も執り行なっているそうです。

私もそのお酒を立ち飲みしてきましたぁ◎

ありがたい、ありがたいとよく祖母が言っていた言葉を繰り返しての旅でした。

年取ってきたわけだぁ(@_@;)

 

 

Joomla templates by a4joomla